緊急事態宣言解除後の課外活動について

2021.06.17

2021年6月17日更新
2021年4月7日掲載

緊急事態宣言解除後の課外活動については、以下のとおりとします。

  1. 課外活動の実施にあたっては、実施する日時?場所、参加部員の体温等を、所定の課外活動報告書により、事前?事後に学生課に提出してください。
  2. 合宿を伴う活動、感染対策が十分でない環境下での活動は、禁止します。また、部員に対する参加の強要は、行わないでください。
  3. 課外活動に参加した学生の中に、37.5度以上の発熱等の風邪症状が見られる学生が居る場合は、課外活動を停止し、直ちに学生課に申し出てください。
  4. 飛沫感染のリスクが高くなる「会食」は、禁止します。課外活動を伴わない場合であっても、「会食」は行わないでください。
  5. 対面?オンラインを問わず、研究講義棟及びプロメテウスホールは利用できません。
  6. 活動にあたっては、以下の案内に従って、活動してください。
  7. これから、夏を迎えるにあたり、熱中症事故防止のため、以下のことに留意のうえ、活動してください。

以上のことが守られていない等の場合、活動停止等も含めた処分を行う場合がありますので、ご注意ください。
その他、質問、相談等については、学生課にお問合せください。

国内の感染の状況を踏まえて、随時ホームページの情報を更新しますので、ご確認ください。
さらなる感染拡大の防止のため、皆さんのご協力をお願いいたします。

学務部学生課

PAGE TOP